BLOGブログ

モラルハラスメントとは何なのか・・・?臨床心理士が詳しく解説

モラルハラスメントとは何なのか・・・?臨床心理士が詳しく解説

モラルハラスメントとはなに?どんな行為のことをさすの?

みなさま、お元気でしょうか?

最近は、だいぶ寒くなり、冬の訪れを感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

温かいコーヒーが美味しい季節になり、毎日コーヒーばかりを飲んでいる私です・・・

さて、今回の記事は・・・

以前の記事で、少しだけ触れたことがありますが、
モラルハラスメントについて、詳しく話をしていこうと思います。

そもそも、モラルハラスメントとは何なのか、ご存じではない方もいらっしゃると思います。

Wikipediaによると・・・

モラルハラスメントとは、モラル(良識とされる道徳や倫理)によって行われるハラスメント(嫌がらせ)のこと。
俗語としてモラハラと略すこともある。

と書いてあります。(以下、モラハラと呼びます)。

意外と知られていませんが、実は・・・

「 DV(ドメスティック・バイオレンス) 」

の一種なのです。

モラハラが何なのかを知らないと・・・

もしかしたら、あなたは、夫婦の何気ない会話の中で、知らず知らずのうちに、モラハラを無意識にしてしまっているかもしれません。。。

そしていつか、そんなあなたに嫌気がさし、パートナーが家から出て行ってしまうかもしれません。。。

そうなってからでは遅いですよね。。。

そうならないように・・・

本日は、モラハラとは何なのかを私と一緒に学んでいきましょう。

それでは、スタートです。


パートナーの存在を無視をする。口を聞かなくなる。

パートナーの存在を無視する

これは、意外と多いように感じます。

「 妻に話しかけられても無視する 」
「 何も言わなくても、それぐらい妻なら分かって当然 」
「 こんな簡単なことを分からないなら、妻失格である 」

このように思ったことはないでしょうか?

これらの考えを持ったことがある方は、黄色信号。
もし、無視をしてしまっているなら、赤信号。残念ながら、あなたは、もうすでに、モラハラをしてしまっています。

理由はどうであれ・・・

「 パートナーの存在を無視をする、口を聞かなくなる 」

これは、モラハラ行為に当たります。

人前で、パートナーの悪口を言う。

「 〇〇さんの奥さんの料理は美味しいですね。
  それに比べて、うちの妻の料理は、まずくて、食べられたものじゃないんです 」

「 ほんとうちの妻はダメな妻で、気が利かないんです。親からどんな教育を受けてきたのでしょうか 」

「 うちの妻は家事が下手くそで、何も出来ないんです。
  いつも私が、家事を教えてあげているんですよ 」

これらの言動、あなたはしていませんか?

今、あげたもの全て・・・

モラハラにあたります。

人前で、平気でパートナーの悪口を言う。

本人は謙遜のつもりで言っているかもしれませんが、立派なモラハラ行為です。

わざとパートナーの前で聞こえるように、舌打ちをしたり、ため息をついたりする。 大きな音を立てて、威嚇する。

「 妻の行動が気に入らないから、舌打ちをする 」

「 こんなことも分からないのかと、ため息をつく 」

「 (自分が不機嫌な時に)ドアをわざと強く閉めて、大きな音を立てる 」

これらの行動をついつい、していませんか?

パートナーの言動が気に入らないから、舌打ちをしたり、ため息をついたりして、
自分が不機嫌になっているのを表現をする。

また、自分が不機嫌だから、大きな音を立てて、相手を威嚇する。
威嚇するつもりがなくても、自分のイライラを解消しようと、ものにあたる。

これらの行動も立派な、モラハラ行為です。

パートナーの外出や交友関係を制限する。

「 妻が行きたいと思っている、友人との食事会を、妻に家にいてほしいからといい、
  友人との食事会に行かせないようにする 」

「 あいつは俺のことを馬鹿にしているから、あいつとはもう付き合うなと、妻の交友関係を断つ 」

パートナーの外出制限や交友関係の制限についての相談は、意外に多くあります。

自分が気にくわないからといい、パートナーを制限する。
自分の支配下に置こうとする。

これらも立派なモラハラです。

今回のまとめ

みなさま、いかがでしたか?

無意識にしてしまっている行動は、ありませんでしたか?

これらの行動、気をつけないと・・・

あなたは、モラハラ夫、モラハラ妻になってしまいます。

① まずは、モラハラについて、正しい知識を、頭の中に入れる。
② そこから、モラハラについて、自分がしていないかを考える。
③ もし、モラハラをしてしまっていたら、モラハラ行為をしないように、常に気をつける。

それでも、うまく出来ないようでしたら、ぜひ、私にご相談ください。

相談方法については、このページの CONTACT をクリック。
応募フォームからカウンセリングをお申し込みください。

カウンセリングはオンラインでも行なっています。
また、電話でのカウンセリングも受け付けております。

全国どこからでもOKです。ぜひ、お声かけください。

他にもいろいろな記事を書いております。
下にリンクを貼っておきますので、ぜひ他の記事もご覧ください。

これからも夫婦関係、親子関係に関する記事を定期的にアップしていきます。
またこちらのページにお立ち寄りくださいませ。

では、また他の記事でお会いしましょう。





DVの種類について  👈 こちらをクリック!

SHARE!

BLOG TOP